車に安全に乗るために|依頼する車検業者の選び方を知ろう|お得に行なってもらう為に
親子

依頼する車検業者の選び方を知ろう|お得に行なってもらう為に

車に安全に乗るために

おもちゃの車

基本的な金額

車検の期限が近づいてくると気になるのが費用です。費用は車種、業者によって大きく変わってきます。車検の費用は法定費用と車検基本料(整備費)で計算します。法定費用とは自動車重量税、自賠責保険、検査手数料のことで、この部分はどの業者に頼んでも同じ金額になります。ただし、自動車重量税は車輌の重量に応じて変わり、重量が低いほど安くなります。また、エコカー減税対象の場合も安くなります。基本料はディーラー、ガソリンスタンド、民間整備工場、カー用品店など行う場所により変わってきます。また、手間や時間を気にしなければ点検部分のみをディーラー等で行い、車検を通す陸運支局や軽自動車検査協会に自分で持っていくことで費用を安く抑えることも出来ます。

業者の特色と金額

業者による基本料金は車の状態によって変わりますが、ディーラーが4万円以上、ガソリンスタンド、民間整備工場、カー用品店などでは2万円以上が相場です。ディーラーが高い理由は整備を完璧に行うからです。車検は現時点で不備がなければ通すことが出来ますが、ディーラーの場合は今後不備が起こりそうな部分は全て改善し、次の車検まで修理しなくても良い状態にしてくれます。ですから、安く済ませることを第一に考えるならガソリンスタンドや整備工場、安全性に配慮するならディーラーを選ぶのが良いでしょう。また、サイトで近くの業者を探し、数件に見積もり取れば安くできる業者が見つかります。料金を比較することで値切り交渉も可能になるので、車検業者検索サイトの利用はおススメです。車検はしっかり整備するか、費用を安くするかで金額が大きく変わります。車検を行う前に自分の考えを明確にすることが大切です。